聴診器

ネットと密接に繋がった医療機器

看護師

近年の医療機器はネットワークにより密接に繋がっています。昔の医療機器は手動の部分が多かったと思うのですが、今はほぼ自動で機械が制御してくれるので失敗が少なくなっています。このネットワークに繋がっていることは良いことなのか悪いことなのかどうかを考えようと思います。
まず良いことは先ほども話しましたが失敗が少なくなったことです。医療機器の使用で失敗してしまったら、治療の意味がありませんよね。このネットワークに繋がっていることで多くの情報を手に入れれるので失敗する確率を減らすことができます。さらにネットで繋がることで遠隔操作や自動で機械を動かすことができます。実際にその場にいなかったりすると遠隔操作できる医療機器の存在はとても助かります。
しかしこの部分は悪いこともあります。例えば電気がこなくなったときは機能が停止してしまいます。そうなると命の危機になる可能性がでてきます。ネットがハッキングされたりするとさらに悪い状況になってしまうことも考えられます。
確かにネットに繋がっていることで、とても便利な面もたくさんあります。しかし万が一の緊急時になると急に状況が悪くなる可能性があります。なので医療機器に頼りすぎるのも良くないということも心に留めておいた方がよいと思います。

ピックアップコンテンツ

患者と医者

医療機器のクラス分類

医療機器といっても、大型の検査装置から注射針までその形状・用途は様々です。では、医療機器はどのように分類されるので…

詳しく見る
医師

最も身近な医療機器

医療機器と聞いてもあまりピンとこない方が多いと思いますが、とても身近なところに非常に大切な医療機器があるのです。そ…

詳しく見る
ガッツポーズ

医療機器の処分の方法とは?

医療機器を活用して、私たちを治療してくれる医療機関。ですが、そこで利用されている医療機器も機械です。…

詳しく見る
看護師

ネットと密接に繋がった医療機器

近年の医療機器はネットワークにより密接に繋がっています。昔の医療機器は手動の部分が多かったと思うのですが、今はほぼ…

詳しく見る

記事リスト

TOP